まみへー日記♪

木音色(もくねいろ)のblogです。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3PEACEAT、Recording第二弾☆&日々のこと。*prev
8・9月の弾き語り♪&新曲「真夏のスノウ」 >>*next























ARENAのカレーマンのRapではじまり♪


ici




木音色 








Rena








Renaが振ってたゴーヤシェイカーの着地点(笑)














以上、photo by フジモトノリヤ




テラスからは夜空★


祈るRena(笑)




わたるくんのpianoやばかった。。


















PA&カメラマン&シェイカー:藤本典也






(笑)。以上、photo by Taku Yamakami








ARENAの皆さん、ありがとうございました!!素敵なお店★♪









遅くなりましたが、2017.7.22.(土)3PEACEAT vol.2、お越しいただいた方、お会いできた方、本当にありがとうございました☆☆☆






リハ風景から、本番まで、素敵でおもしろい写真をたくさんいただいたので、選びきれなかったけどお気に入りを載せてみました♪






去年、大阪出身の女3人、「なんかやろや♪」で始まったこの企画。



集まってみると、なんだかいろんなことがしっくりとハマッていくような感じで、



よく食べ、よく笑い、よく泣き、曲もごはんも、アイデアも、3倍の相乗効果で手作りしてきました。



歌声も、センスも何もかも、バラバラなのに不思議。バラバラやから、きっと良いのかもですね。






木音色は今回も、vol.1と同じ、percussion 青木泰道との、青木音色で。今回は全曲、ふたりで演ってみました♪










2017.7.22.セットリスト



earthly
クラウズ
美しい人
ごはんを作ろう
心の海
蒼の石









リハぐらいから、実は自分の心に負けそうやったんですが(笑)、下北沢の街に一人で繰り出して精神統一してきたら定まりました☆(・ェ・)




空が綺麗で。この小さな1日に、ただ言葉と音を届けたいと思うことを諦めないと強く決めました。



空っぽの歌を歌うことの苦しさをたまに思い知るからでしょうね。。





あおっきーの迷いのない音に支えられて、私も弱さを破って、なんとかこの夜も私の歌を歌えました。



 
ありがとう☆宇宙Tシャツの青木泰道(ΘдΘ)






iciも、Renaも、素敵なライブ、ありがとう★☆ごはんとお酒が美味しい夜でした。






今回も、コラボ曲をきいてくださった方、限定CDを手に取ってくださった方、ありがとうございました☆



CDもいいけど、ライブでのわたるくんのピアノ、熱すぎました。ほんわか系男子かと思いきや、違うっ!(笑)凄かった♪



せっかくなので、詩を載せさせていただきます。






……………☆



「SUNLIGHTRAIN」
  Rena×ici×木音色




また一枚カレンダーをめくる
今日もまた 同じ
踏み固められたレールの上で
右へならえの 真似


壁にかかったままで揺れる
白いワンピースが
あなたと歩きたかったと
言ってる


Rain Rain Rain
恋や仕事にフラれ
今は 辿り着けない
あの頃 なりたかった私に


乗り込んだ 列車の中で
目的地を何度も 乗り過ごした
空が 墜ちてくる前に
太陽と今 どこへ行きたいんだろう




疲れた身体を 揺らしながら
いつもの 列車で
あるはずのない キラキラの
海が 広がってた


SUNLIGHTRAIN
色付いてゆく景色
そっと 手を繋ごう
夢見てた 置いてけぼりの私と



雨が降ったら
綺麗なパープル色に染めて
空が晴れたら
お日様色のオレンジにしよう
色付いた白いワンピースが
怖がりな私を 包むから
もう一度 夢見よう
次の駅に着いたら…



光 纏う 列車を見送り
何度も 何度も 息を吐いた
雲と雲の切れ間から
降り注ぐ 眩しい ヒカリアメ



遠ざかる 列車を 眺め
臆病な私に サヨナラした
雨が上がった空 見上げ
太陽と今 歩き始めてみよう







作詞…ici&Rena
作曲…木音色
編曲…山崎亘, 木音色

piano…山崎亘
Recording engineer & Mix…藤本典也











前日のギリギリ仕込み(笑)☆








私たちみんな、充分、大人の年齢になってしまった。



無邪気に夢を見ることが怖くなるほど傷ついてきたし、いろんなものを諦めてもきたのかも。



夢はどんどん形を変えていきます。もう、きっと、なんだっていいんやと思う。投げやりな意味ではなく。




本当に心があったかくて、何より幸せなら、名前のない唯一無二の場所に行きたい。



どんな形であれ、どんな場所であれ、自分を表現できて、大好きな人と居れたらいいな。





そんな夢に近づくために、臆病な私とサヨナラして、SUNLIGHTRAIN という列車を見送ろうと私も思います(笑)☆☆☆










vol.3は、冬頃かな…?きっと、またこの3人でお会いしまょう◎






心から、ありがとうございました!!!










木音色の次回のライブ告知は、また近々♪







よい、夜を!!





permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Comments:
Leave a comment:









TrackBack URL:
http://mokuneiro.jugem.jp/trackback/1188
TrackBacks: